ホリスティック・ライフスタイル・コーディネーター / IFA認定アロマセラピスト。カラダにいいこと、ココロにいいこと、地球にいいこと・・・。毎日を楽しく元気に過ごすためのちょっといいことをご提案。


by mawu_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イギリスのローフード

e0122451_2174392.jpg
さて、5月に行ったイギリスでもローフードを食べてみたいと思っていたので、事前に調べてみると・・・。これがなかなか情報が得られなかったのです。アメリカのほうが盛んなのでしょうね。イギリスはオーガニックに関してはゆるぎない先進国だとは思うのですが、ローフードは独自の広がり方をしているように感じました。

More
[PR]
by mawu_y | 2009-09-13 20:36 | living foods
e0122451_2017337.jpg
デトックス後にいろいろな反応が出たことは先日書きましたが、その後も1週間は解毒が続くということで、なるべく食事もローに近いものを食べて徐々にカラダを慣らしていきました。
普通に食事をした後は、胃腸がびっくりして、お腹が緩んでしまったりもしました。お肉を食べると怖い夢を見たり(笑)。これは、そういうことあるらしいです。
みんなはどうだったのだろう・・・?

More
[PR]
by mawu_y | 2009-09-05 23:03 | living foods
e0122451_1815179.jpg
3日間のデトックスを終え、少なからずもやはり体調に変化がありました。

まず、便秘がちのまま参加し、プログラム中は環境の変化もあり、なかなか思うようではなかったのですが、終了して自宅に着いたとたんほっとしたのかばっちりと。その後はびっくりするほど順調に。

脚にたくさんの湿疹。これはやっぱり毒素でしょう。
今は口の周りが荒れがちに。これは胃の影響なんでしょうね。

でも、むくみがちだった顔もスッキリしたと会う人に言われ、自信になります。

そして、やっぱり味覚が敏感に。奇しくも職場は夏休み明け。いろいろなところのお土産を断れず、食べてしまったチョコレート1かけ・・・。(ごめんなさい)
なんと舌がピリピリと痺れる感じ。思わず歯を磨きに行ってしまいました。

デパ地下へ行けば、たくさんのお惣菜。特に揚げ物は見ただけで目を背けたくなるくらい。

皮膚感覚も敏感に。衣服で少し化学繊維が入ったものを着ようものなら(特に下着ですが)、赤くかぶれてしまいました。

3日間なのにすごい影響だなと思いました。

ふだんの生活にいかに添加物が入っているのかがよくわかります。

しかし、一切を排除する生活はどう考えても無理ですし、少しずつ普通食も復活しつつあります。社会とつながって生活している以上、どうしてもという場面はいくらでもありますし、それを断っても自分の主張を貫くことはどうかと私は考えるからです。食べてしまったら、どう対処するか。起こることを予測して対応する力を養っていくことが必要ですね。後はストレスに負けない強いココロを持つこと。健康なカラダがあれば、ココロは負けない。逆も然りですが、私はカラダが先なのでは?と思うようになりました。
[PR]
by mawu_y | 2009-08-23 17:37 | detox

サマーデトックス

e0122451_16493139.jpg
夏休み、前半は山へ歩きに行ってたっぷり汗をかいたり、郊外の友人の家兼サロンで髪を切ってもらったり・・・。

そして、後半はサマーデトックスプログラムに参加してきました。
2ヶ月くらい体調がすぐれず、自律神経のバランスがおかしくて、いつもとてもよく眠れていたのが睡眠障害になったり、胃痛、むくみ・・・など明らかに不調。
これはストレスからくるものとわかっていたのですが、ココロとカラダって本当につながっているということを身をもって知りました。

なんとかしなくては、と思っていたら「日々の食べ物、からだの声」のaya-kkaさん主催でデトックスのプログラムを行うことを知り、ちょうど夏休みと重なっていたのとaya-kkaさんの食に対する考え方にとても興味を持っていたので申し込みをしました。

More
[PR]
by mawu_y | 2009-08-22 23:44 | detox

夏が来た!

e0122451_1853932.jpg

台湾産アップルマンゴーをいただきました!
スムージーにしようかどうしようか迷いましたが、そのままで食べるのが一番ですね!

瑞々しくて甘くて、とてもおいしくいただきました。まさに南国の味です!
ごちそうさまでした!

夏だなぁ~。
[PR]
by mawu_y | 2009-07-12 18:05 | living foods
e0122451_22365143.jpg

4月11日、ローフードのワークショップに行ってきました。

2年前、SHIGETAのセミナーでご縁があったホリスティックビューティスクールの校長、北原先生からご連絡をいただき、即参加のお返事をしました。先生にも久しぶりにお会いしたかったし、ちょうどデトックス中で刺激もほしかったし・・・とグッドタイミング。デトックスをしていると、欲しかった情報やきっかけがポンと入ってくる気がします。

先生は、ローフードと出会ってから、ベジタブルマイスターを取得し、昨年はアメリカへ行き、本格的にローフードを勉強をしてこられたそうです。その後、日本リビングビューティ協会を設立し、ローフードとホリスティックヘルス&ビューティの普及に力を注いでいらっしゃいます。

アロマセラピストでローフードを取り入れている方は、私の周りにもほとんどいなくて、ときどきくじけそうにもなるのですが、先生の存在は、とても勇気づけられます^^。

ワークショップはカナダからローフードシェフ、ジム・モーリス氏を招いて行われました。

e0122451_2240318.jpg
ジムは40年もベジタリアンだそうですが、ある病気をきっかけにローフードに移行していったそうです。素敵なオーラがありました。サポートの奥様に見守られながら楽しそうにデモをするジムです↑。

そうそう、料理をするときは絶対に怒って作ってはいけないそうです。その怒りのネガティブなエネルギーがお料理に入ってしまうからです。食べるときもたった5分の食事時間でもネガティブなことを考えずHappyな気持ちで食べることが大切です♪


e0122451_22452560.jpg
レシピの紹介や実演だけでなく、栄養素についてもしっかりレクチャーがあり、より理解が深まりました。写真はトマトドレッシングのスプラウトサラダとミートローフです。
[PR]
by mawu_y | 2009-04-21 22:26 | living foods
e0122451_1555849.jpg
先日、ベトナム料理を食べに行きました。アジアのお料理の中ではかなり好きなほうですが、改めておいしさに気づいたお店でした。予約がなかなか取れないのもうなずけます。こんなにフレッシュな野菜をふんだんに食するなんて! と感動。


e0122451_157175.jpg
レタスとハーブがボウルにこれでもかと山盛りで出てきます。レタスにミント、コリアンダー、ホーリーバジルをのせて春巻きを巻いて口に入れると、ふわぁ~と爽やかな香りが口いっぱいに広がって、とても元気になりました。最後のほうはハーブをそのまま、むしゃむしゃと食べてしまったくらい。これだけ野菜が自然とたくさん摂れるとご機嫌です。
[PR]
by mawu_y | 2009-02-05 22:39 | living foods

考えながら食べる。

e0122451_1824439.jpg

昨日だったか、何気なくテレビを観ていたら、Gacktさんがトーク番組に出ていて、ご自身の食事について話していました。なんと、彼はローフードなのだそうです。しかも、専属のシェフが作っているとか。なぜ、そういう食事に変えたのかというと、バンドを解散してソロになるときに、自分を確立させるためには何かひとつ大きなものを捨てなければと考えたのだそう。さすがにああいう人たちは心構えというか、プロ意識の高さが違います。お米も10年は口にしていないそうです。もちろん、食事だけではなく、徹底的にカラダも鍛えています。

そして先週、24歳の女性とお話する機会があったのですが、なんと彼女の食事は主食がお菓子でした(涙)。朝はチョコレート、お昼はおにぎりと菓子パン、夜はスナック菓子・・・。たしか体操選手でチョコレートが食事の中心だといった人もいましたが、まあ、そういうのがあってればいいのかもしれないけれど、でもでも、ただおいしいからといって、欲求のままに食べるというのはどうなのだろうか?? 私も以前は朝が弱かったので、甘いものを食べて血糖値をあげてカラダを起こしていたときがありました。食べ放題などに行って、好きなだけお腹いっぱいになるまで食べたときもありました。ただ、ある日、食べ物が自分のカラダに大きく影響するということに気づいてから変わりました。まずは玄米にしたところから始まり、その後ホールフードの考え方を取り入れ、ローフードに至っています。

私はGacktさんのようにストイックにしているわけではありません。ただ、ローフードのきっかけは、やはり『Fit for Life』という本を読んで、あまりにその理論がストンとしっくりきたからです。和食を中心とした食事や鍋などの煮込みのよさも否定しないし、たまにはお肉だって食べます。チョコレートだってもちろん食べます。食事は大事なコミュニケーションのひとつだと思っているので、楽しく食べればカラダにだってそう悪くはないはずです。ただ、自分のカラダが何を欲しているか、不必要なものは何かの判断ができるように、常に考えながら食べるということが大事なんだなぁと思っています。たくさん食べた翌日はスムージーなどで胃腸などを休め、そして、カラダがだるくなったり、溜め込みすぎてると感じたら月に1回週末デトックスとか、年に2回くらい集中的にデトックスをして老廃物を排出させていく、またふだんからなるべく有害なものを避けるということを心がけています。何度も言っているかもしれませんが、常に自分のカラダと対話して声を聞くということ、心の声に気づいてあげられるようにアンテナを張ることもとても大事と自分に言い聞かせている毎日です。
[PR]
by mawu_y | 2008-11-30 18:26 | living foods

最近のランチ

e0122451_073313.jpg

本当は朝フルーツを食べているので、お昼は野菜のほうがいいのでしょうけれど、もっぱらフルーツサラダを持っていってます。
午前中に一仕事をしてから、フルーツを食べるとなんだかカラダと脳にじんわりと「嬉しさ」が広がっていく感じがします。うまく表現できないのですが、そんな感じなのです。だから、午後もあまり眠くなることもなく、比較的元気です。

この写真はちょっと前のものです。最近は梨、洋梨、柿などがよく登場しています。あとこれにプラスしてミカン2個くらい持っていきます。梨は肺を潤す食材と薬膳では言われていて、冬の前に梨を食べておくと、風邪の予防になるそうですよ。(梨だけでなく白いものがよいそうです)
[PR]
by mawu_y | 2008-11-18 22:02 | living foods

鎌倉でのフリマ

e0122451_213586.jpg

今月初めに参加した鎌倉のフリマ。
とても楽しく、おいしく^^参加しました。
場所は鎌倉と長谷の中間にあるCooking eating studioで。とっても眺めのよい素敵な場所でした。

e0122451_2135342.jpg
クッキングスタジオ主催のフリマでしたので、生徒さんたちのお料理や地元の食材などがたくさんありました。こちらでは子供のお料理教室も行われていて、子供たちの作ったホットドッグなどは大人気。かわいい声での営業で、あっという間に品切れになっていました。(私は食べそこなってしまいました)
子供のうちから料理に親しんでいれば、自然と食材を選ぶ感覚、旬の素材を味わう味覚も養われるだろうし、お料理ができて損することは皆無だと思うので、とても素晴らしいことだなぁと思いました。こちらのお料理教室にはぜひいつか参加してみたいです。

さて、私たちはおうちの一部屋をお借りして、スタッフが作った天然石アクセサリーの販売、ミニトリートメントなどを行いました。

e0122451_2141894.jpg
縁側に商品を並べて。。。

e0122451_2144648.jpg
スタッフBさん、セッティング中です。

告知をあまりしていなかったので、のんびりな「営業」でしたが、たまにはこういうのもいいでしょう。アロマが多くの人の生活の一部になっていくことが、私たちの願いでもあるので、地道にこういったイベントにこれからも参加していきたいと思います。



P.S.
Special thanks to Mariri♪
[PR]
by mawu_y | 2008-11-05 20:54 | aromatherapy