ホリスティック・ライフスタイル・コーディネーター / IFA認定アロマセラピスト。カラダにいいこと、ココロにいいこと、地球にいいこと・・・。毎日を楽しく元気に過ごすためのちょっといいことをご提案。


by mawu_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:デトックス ( 13 ) タグの人気記事

e0122451_2017337.jpg
デトックス後にいろいろな反応が出たことは先日書きましたが、その後も1週間は解毒が続くということで、なるべく食事もローに近いものを食べて徐々にカラダを慣らしていきました。
普通に食事をした後は、胃腸がびっくりして、お腹が緩んでしまったりもしました。お肉を食べると怖い夢を見たり(笑)。これは、そういうことあるらしいです。
みんなはどうだったのだろう・・・?

More
[PR]
by mawu_y | 2009-09-05 23:03 | living foods
e0122451_22365143.jpg

4月11日、ローフードのワークショップに行ってきました。

2年前、SHIGETAのセミナーでご縁があったホリスティックビューティスクールの校長、北原先生からご連絡をいただき、即参加のお返事をしました。先生にも久しぶりにお会いしたかったし、ちょうどデトックス中で刺激もほしかったし・・・とグッドタイミング。デトックスをしていると、欲しかった情報やきっかけがポンと入ってくる気がします。

先生は、ローフードと出会ってから、ベジタブルマイスターを取得し、昨年はアメリカへ行き、本格的にローフードを勉強をしてこられたそうです。その後、日本リビングビューティ協会を設立し、ローフードとホリスティックヘルス&ビューティの普及に力を注いでいらっしゃいます。

アロマセラピストでローフードを取り入れている方は、私の周りにもほとんどいなくて、ときどきくじけそうにもなるのですが、先生の存在は、とても勇気づけられます^^。

ワークショップはカナダからローフードシェフ、ジム・モーリス氏を招いて行われました。

e0122451_2240318.jpg
ジムは40年もベジタリアンだそうですが、ある病気をきっかけにローフードに移行していったそうです。素敵なオーラがありました。サポートの奥様に見守られながら楽しそうにデモをするジムです↑。

そうそう、料理をするときは絶対に怒って作ってはいけないそうです。その怒りのネガティブなエネルギーがお料理に入ってしまうからです。食べるときもたった5分の食事時間でもネガティブなことを考えずHappyな気持ちで食べることが大切です♪


e0122451_22452560.jpg
レシピの紹介や実演だけでなく、栄養素についてもしっかりレクチャーがあり、より理解が深まりました。写真はトマトドレッシングのスプラウトサラダとミートローフです。
[PR]
by mawu_y | 2009-04-21 22:26 | living foods

デトックス中のプレート

e0122451_074654.jpg
例えば、こんなものを食べています。
↑はしめじと新玉ねぎのマリネ。セロリの葉も入れてます。


e0122451_015944.jpg
こちらは野菜炒め風。ごま油とお醤油、しょうがで味付けしています。
[PR]
by mawu_y | 2009-04-16 22:51 | living foods

Spring has come!

e0122451_23465460.jpg

中学校の英語の教科書に載っているようなタイトルですが(今はもうない?!)、昨日から21日間デトックスを始めました。もっと早く始めたかったのですが、結局4月から・・・。エイプリルフールの決意なんて嘘で終わっちゃうかしら(笑)。が、今日2日目で早くも解毒反応が! 今晩はトイレによく通っています。反応があると続ける上でのモチベーションが高まります。しかし、まあよくこんなに溜まってしまったもんだ^^;。厳しすぎずゆるゆると・・・でもしっかりと続けていこうと思います。

少し体重も落としたいのですが、今回はエナジーチャージをする、活力を与える組み合わせで始めてみました。食事と呼吸とセルフマッサージ、そして運動。本格的に暖かくなってきたので楽しんでできそうです。しかもフルーツも種類が増えてくるし、野菜も青々してくるし、マッサージをすれば気分もよくなるし、花が咲き始めて歩くのも楽しい!
[PR]
by mawu_y | 2009-04-02 22:29 | detox
今年もあと少しですね。
年末年始に集中的にトリートメントを行います。
1年の疲れをリセット、また新しい1年のスタートによろしければお越しくださいね。

12月29日(月)、12月30日(火) 12:00~19:00(最終受付)

1月3日(土)、1月4日(日)、1月5日(月) 11:00~17:00(最終受付)


1月11日(日)、1月17日(土)、1月18日(日)、1月24日(土)、1月31日(土)
12:00~19:00(最終受付)



また、SHIGETAの3週間集中デトックスコーチングも行っています。
こちらは、現在は月に限定2名さまのみとさせていただいております。

SHIGETAバイタリティ・コーチング®についての講習、デトックスの方法、60分のボディトリートメント、食事のとり方、3週間のパーソナルサポートなどのトータルなコーチングです。オリジナルテキスト付です。詳細はお問い合わせください。現在1月スタート(日にちは自由です)の方は1名を募集しております。

※ 1月スタートのSHIGETA3週間デトックスは締め切りました。ありがとうございます。
2月以降スタートは引き続き募集しております。お気軽にお問い合わせください♪



ご予約、お問い合わせはこちらまで。
[PR]
by mawu_y | 2008-12-21 21:49 | ■トリートメントのご案内

考えながら食べる。

e0122451_1824439.jpg

昨日だったか、何気なくテレビを観ていたら、Gacktさんがトーク番組に出ていて、ご自身の食事について話していました。なんと、彼はローフードなのだそうです。しかも、専属のシェフが作っているとか。なぜ、そういう食事に変えたのかというと、バンドを解散してソロになるときに、自分を確立させるためには何かひとつ大きなものを捨てなければと考えたのだそう。さすがにああいう人たちは心構えというか、プロ意識の高さが違います。お米も10年は口にしていないそうです。もちろん、食事だけではなく、徹底的にカラダも鍛えています。

そして先週、24歳の女性とお話する機会があったのですが、なんと彼女の食事は主食がお菓子でした(涙)。朝はチョコレート、お昼はおにぎりと菓子パン、夜はスナック菓子・・・。たしか体操選手でチョコレートが食事の中心だといった人もいましたが、まあ、そういうのがあってればいいのかもしれないけれど、でもでも、ただおいしいからといって、欲求のままに食べるというのはどうなのだろうか?? 私も以前は朝が弱かったので、甘いものを食べて血糖値をあげてカラダを起こしていたときがありました。食べ放題などに行って、好きなだけお腹いっぱいになるまで食べたときもありました。ただ、ある日、食べ物が自分のカラダに大きく影響するということに気づいてから変わりました。まずは玄米にしたところから始まり、その後ホールフードの考え方を取り入れ、ローフードに至っています。

私はGacktさんのようにストイックにしているわけではありません。ただ、ローフードのきっかけは、やはり『Fit for Life』という本を読んで、あまりにその理論がストンとしっくりきたからです。和食を中心とした食事や鍋などの煮込みのよさも否定しないし、たまにはお肉だって食べます。チョコレートだってもちろん食べます。食事は大事なコミュニケーションのひとつだと思っているので、楽しく食べればカラダにだってそう悪くはないはずです。ただ、自分のカラダが何を欲しているか、不必要なものは何かの判断ができるように、常に考えながら食べるということが大事なんだなぁと思っています。たくさん食べた翌日はスムージーなどで胃腸などを休め、そして、カラダがだるくなったり、溜め込みすぎてると感じたら月に1回週末デトックスとか、年に2回くらい集中的にデトックスをして老廃物を排出させていく、またふだんからなるべく有害なものを避けるということを心がけています。何度も言っているかもしれませんが、常に自分のカラダと対話して声を聞くということ、心の声に気づいてあげられるようにアンテナを張ることもとても大事と自分に言い聞かせている毎日です。
[PR]
by mawu_y | 2008-11-30 18:26 | living foods

最近のランチ

e0122451_073313.jpg

本当は朝フルーツを食べているので、お昼は野菜のほうがいいのでしょうけれど、もっぱらフルーツサラダを持っていってます。
午前中に一仕事をしてから、フルーツを食べるとなんだかカラダと脳にじんわりと「嬉しさ」が広がっていく感じがします。うまく表現できないのですが、そんな感じなのです。だから、午後もあまり眠くなることもなく、比較的元気です。

この写真はちょっと前のものです。最近は梨、洋梨、柿などがよく登場しています。あとこれにプラスしてミカン2個くらい持っていきます。梨は肺を潤す食材と薬膳では言われていて、冬の前に梨を食べておくと、風邪の予防になるそうですよ。(梨だけでなく白いものがよいそうです)
[PR]
by mawu_y | 2008-11-18 22:02 | living foods
先月にデトックスを体験したMさんの最終報告です。(ご本人の許可をいただいて掲載しています)

3週間のデトックス終了後、2-3日してからお会いしましたが、まずフェイスラインがとてもすっきりしていました。
そして最終的には5kg減! 体脂肪も4%減!
食事の改善はもちろんのこと、呼吸やアロママッサージ、腹筋などほぼ毎日されていて、これには頭が下がります。運動も流行のWii fitを上手に活用されていたようです。ご自身がどんどん変化していくことを実感し、このプログラムをとても楽しんでくださったことも続けられた理由のひとつでしょう。

終了後にアンケートを書いていただいたので、一部抜粋させていただきます。

◆体調についての変化
「一番感じたことは、朝の目覚めがよくなったことです。朝起きて目が腫れているということがありません。ふくらはぎのむくみがとれて足が痛い(注)と思うことが少なくなしました。」
注)Mさんは過去にアキレス腱を怪我されていて、それ以来、足がむくみやすく痛みを感じるほどで、よくリフレクソロジーなどを受けていらっしゃいました。

◆気持ちについての変化
「このようにレポートを書いたり、毎日体重計にのり、計測をするということを初めてしました。ちゃんとくじけずできるかどうか不安でしたが、体調の変化、体重の減少などうれしいことで、途中楽しみながら続けることができました。終了後も無理せず、さらに減少を目指して頑張っています。」

自分自身に「気づく」、変化を楽しむということがいかに大切かということをMさんを通じて私も教えていただきました。リビングフードのメニューなどもバリエーションを増やして、もっと私もアドバイスできるように幅を広げて進化してゆきたいと思っています。

今回は残念ながらできませんでしたが、プログラム中にトリートメントを受けることも必要かなと考えています。それによって、カラダの流れがスムーズになり、よりバランスがとれるようになるでしょう。
[PR]
by mawu_y | 2008-04-10 23:16 | detox

カラダは正直

e0122451_1465422.jpg

↓のMさんの最終結果は素晴らしいものになりました!
詳細は、また後日書きますが、今回は私のことを・・・。

3週間のデトックスを終え、ちょっと油断というか甘やかしというか重い食事や甘いものを食べてしまったり、炭水化物をたくさん食べたり、コーヒーを飲んだり・・・してしまったのですが、そうすると・・・・

カラダは正直なもので、まずだるくなって重く感じたり、ふだんほとんど吹き出物は出ないのですが、大きな吹き出物が顔に出てしまったり、肌がかさついたり(これは私の場合はコーヒーです)、口内炎ができてしまったりなどとすばやい反応が起きるようになりました。やっぱり体内をきれいにしたからこそ、必要ないものが入るとちゃんとサインを出してくれるのですね。こういうこともわかると、ますます人間ってすごいなぁと思います。

食べ物も大事ですが、最近はウォーキングもかなり復活!いい季節です。きれいな空気をたくさん吸って、気分も爽快にしたいものです。
[PR]
by mawu_y | 2008-04-03 01:31 | detox
昨年の今頃から比べると、先日のデトックス直後は確実に6-7kgウェイトダウンできたのですが、久しぶりに会った知人に「いったい何をしたの!?」と聞かれました。そこで簡単に説明したところ、このブログも読んでくださって「ぜひ、やってみたい!」と連絡をくれました。何度も「本気?」とたずねて意志を確認し、今月はじめからMさん(40代前半/フルタイム・デスクワーク)の「3週間集中デトックスプログラム」が始まりました。

今までの彼女の食生活は、どちらかというとがっつり派。息子さんがふたりいらっしゃるので、どうしてもボリュームのある食事になりがちなのかもしれません。しかし、ソフトドリンクも毎日飲んでいたり、まず根本から見直さないといけない感じでした。食事法と呼吸法、アロマのセルフマッサージなどなどをひととおり説明し、その他わからないこと、不安なことはすぐ質問できる環境をつくって、現在3週目に差し掛かっています。

こういった食事法は初めてだったようで、2日目にいきなり好転反応が起き、激しい頭痛と吐き気に悩まされたそうです。解毒すべきものがあればあるほど、好転反応は大きいと思うのですが、やはりびっくりされたみたいで、続けられるかどうか不安になったそうですが(フローラルウォーターを飲むのが怖くなってしまったり・・・)、なんとか励まし、できることから頑張ってもらいました。このプログラム、やっぱり何よりも自分に克つことがひとつのネックになるのだろうなと思います。

しかし、1週間終わったところで、2.6kg減!
俄然、やる気になったと報告がありました。

2週目は少し中だるみがあったり、空腹感に襲われたりしたそうですが、この食事法は節食というよりも食べ方を変えるわけで、フルーツや生野菜はおなかいっぱい食べてもよく、その辺の勘違いなどもこまめに説明しつつ、続けてもらいました。多少、リバウンドがあったものの、食事内容はだんだん慣れてきたようで、逆にワンパターンになってしまって、飽きるということだったので、レシピをいくつか紹介したり、とにかくおいしく楽しめるように一緒に工夫をしました。

現在は初日より4.3kg減!
あと少しで終わりですが、食生活が変わって体調もよいそうです。終了後にMさんにお会いするのが楽しみです。スリムになったことも楽しみですが、気持ちの変化や体調の変化もいろいろ伺ってみたいと思います。

何よりも毒素がからだから出ていくと、思考がクリアになったり、五感が研ぎ澄まされることを私も実感したことが魅力です。

私もこの満月からまた1週間ほどやってみるつもりです。
(満月から新月まではデトックスにはぴったりです)
[PR]
by mawu_y | 2008-03-20 21:40 | detox