ホリスティック・ライフスタイル・コーディネーター / IFA認定アロマセラピスト。カラダにいいこと、ココロにいいこと、地球にいいこと・・・。毎日を楽しく元気に過ごすためのちょっといいことをご提案。


by mawu_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:セルフケア ( 13 ) タグの人気記事

e0122451_1815179.jpg
3日間のデトックスを終え、少なからずもやはり体調に変化がありました。

まず、便秘がちのまま参加し、プログラム中は環境の変化もあり、なかなか思うようではなかったのですが、終了して自宅に着いたとたんほっとしたのかばっちりと。その後はびっくりするほど順調に。

脚にたくさんの湿疹。これはやっぱり毒素でしょう。
今は口の周りが荒れがちに。これは胃の影響なんでしょうね。

でも、むくみがちだった顔もスッキリしたと会う人に言われ、自信になります。

そして、やっぱり味覚が敏感に。奇しくも職場は夏休み明け。いろいろなところのお土産を断れず、食べてしまったチョコレート1かけ・・・。(ごめんなさい)
なんと舌がピリピリと痺れる感じ。思わず歯を磨きに行ってしまいました。

デパ地下へ行けば、たくさんのお惣菜。特に揚げ物は見ただけで目を背けたくなるくらい。

皮膚感覚も敏感に。衣服で少し化学繊維が入ったものを着ようものなら(特に下着ですが)、赤くかぶれてしまいました。

3日間なのにすごい影響だなと思いました。

ふだんの生活にいかに添加物が入っているのかがよくわかります。

しかし、一切を排除する生活はどう考えても無理ですし、少しずつ普通食も復活しつつあります。社会とつながって生活している以上、どうしてもという場面はいくらでもありますし、それを断っても自分の主張を貫くことはどうかと私は考えるからです。食べてしまったら、どう対処するか。起こることを予測して対応する力を養っていくことが必要ですね。後はストレスに負けない強いココロを持つこと。健康なカラダがあれば、ココロは負けない。逆も然りですが、私はカラダが先なのでは?と思うようになりました。
[PR]
by mawu_y | 2009-08-23 17:37 | detox

歩行瞑想

e0122451_1754722.jpg

瞑想を試みようと長年試してみてはいるものの果たしてこれがそうなのかこれでいいのか・・・よくわからないというのが実情なんです。深呼吸をして心を落ち着けるということは、トリートメント前とか何か行動を起こす前とかに自然としているものなのですが、より深いレベルへというのは、なかなか難しいです。座っているのがつらかったり、では横になってと思うと寝てしまったり・・・^^;。

気功やTAOZENは、カラダを動かしながらできる瞑想の一種といえるでしょう。

そして、ライフログにも入れましたが、『アロマセラピーバイブル』という本を久々に読んでいたら、「歩行瞑想」という項目があり、これは、自分に合ってるかもしれないと、近頃気に入っている散歩コースで試してみました。何も1時間も瞑想状態を続ける必要はないので、ウォーキングの途中の車が来ない川沿いの道だけに限定して。ふだんは、どちらかというと考えるために歩くことが多いので、なかなか何も考えないようにすることは至難の技でしたが、手首にちょこっとフランキンセンスをつけてiPodもオフにして歩いてみると、川の流れる音、虫の音、草の匂い、陽の光をより強く受け止められた気がします。

過去や先のことを考えるより、「今ここ」を肌で感じられる第一歩でした。
[PR]
by mawu_y | 2009-07-10 22:06 | self care
e0122451_0593124.jpg

精油にはリラックス目的だけではなくて、抗ウィルス作用、消毒作用などもあります。特にウィルスに対してはティートリーがよいと言われています。オーストラリア原産のこの木は、原住民が感染症などで負った傷をなおしていたそうです。消毒作用はかなり多くの精油がその働きを持っています。

エアフレッシュナー(スプレー)は手軽に作れて香りもよいので、化学製品以外で消毒したい! と考える方には特におすすめです。お子様に使うのにも安心ですよね。

空気の浄化にもなるし、ドアノブやテーブルにシュシュッと噴きかけ、清潔な布で拭きとるのもよいです。小さな瓶で携帯すれば手が洗えないときも手にかけて消毒することもできます。

また、予防だけではなく病後の弱ったカラダを回復させるときに助けにもなります。この場合は、ティートリーなどを中心にしたブレンドをマッサージするのが一番よさそうです。

あまり神経質になる必要はないと思うのですが、こんなときこそアロマを活用してもらえたらな、と思います。

ちょっとサイトを探せばレシピはたくさんあるかと思いますが、私がこの間つくったレシピをご紹介します。

材料:
50ml スプレー用ボトル
無水エタノール5ml
精製水45ml
ティートリー3滴
ジュニパーベリー2滴
シダーウッド3滴
オレンジスイート3滴

スプレーボトルに無水エタノールを入れ、精油を混ぜ、精製水を加えます。それだけ! (水は最後です)
使うときによく振ります。

オレンジスイートをレモングラスやゼラニウムに替えたら、虫除けスプレーにもなりそうですね。

エタノールがない場合は、ウォッカなどのスピリッツでもよいですし、エタノールなしで私は作ってしまうときもあります。お水もミネラルウォーターを使うときもあります。臨機応変に。
[PR]
by mawu_y | 2009-05-21 22:50 | aromatherapy

ゴールデンウィーク

いよいよゴールデンウィークです。
この時季はいつもお天気がよいですよね。

私もお休みをいただき、遠出をしてきます。
ゴールデンウィークにでかけた記憶がないのですが、休暇半分、研修半分(ほんとか?)で羽を伸ばしてこようと思っています。

アロマのお仕事は5月10日~です。
メールのお返事等は8日以降に順次させていただきますのでご了承ください。

インフルエンザなど、あまりいいニュースがありませんが、こんなときこそアロマでしっかり免疫力を高めて臨みたいものです。

ティートリーやラベンダー、ジュニパーベリーをお部屋に焚いたりするのも空気の浄化になります。ティートリーでのうがい(コップに1滴たらします)もおすすめです。

私はこの旅に上記の3種とフランキンセンス、ネロリ、ペパーミントを持って行くつもり。

それでは、みなさまも楽しいお休みを!
[PR]
by mawu_y | 2009-04-30 12:15 | ■お知らせ

Spring has come!

e0122451_23465460.jpg

中学校の英語の教科書に載っているようなタイトルですが(今はもうない?!)、昨日から21日間デトックスを始めました。もっと早く始めたかったのですが、結局4月から・・・。エイプリルフールの決意なんて嘘で終わっちゃうかしら(笑)。が、今日2日目で早くも解毒反応が! 今晩はトイレによく通っています。反応があると続ける上でのモチベーションが高まります。しかし、まあよくこんなに溜まってしまったもんだ^^;。厳しすぎずゆるゆると・・・でもしっかりと続けていこうと思います。

少し体重も落としたいのですが、今回はエナジーチャージをする、活力を与える組み合わせで始めてみました。食事と呼吸とセルフマッサージ、そして運動。本格的に暖かくなってきたので楽しんでできそうです。しかもフルーツも種類が増えてくるし、野菜も青々してくるし、マッサージをすれば気分もよくなるし、花が咲き始めて歩くのも楽しい!
[PR]
by mawu_y | 2009-04-02 22:29 | detox

花粉症対策・・・その後

e0122451_1411052.jpg

今年の花粉症の時季は実に快適に過ごすことができました。
昨年は、うっかりして予防をしていなかったので、多少辛かったのですが、反省をした今年は2月初めから地道にやっていたおかげで、周りでくしゃみ連発、ティッシュをかたときも手放せない人を横目に涼しい顔をしていられました(笑)。↓のイベントで杉の森の中に突入してもまったく大丈夫でした! 食事も影響してくるかもしれませんね。

やっぱり予防が大切と身にしみた今年。皆さんも来年は早くから手を打たれることを強く強くおすすめします♪
[PR]
by mawu_y | 2009-03-29 14:01 | natural therapy

花粉症対策

e0122451_2255972.jpg

春になるのは嬉しいですが、花粉症の方にはつらい時季ですね。
幸い、私はそんなにひどくはないのですが、数年前から発症し、やはり少し対策をしています。以前サロンに勤めているときは「セラピストは花粉症になってはだめ」と冗談交じりにみんなで話していたときもありましたが、いくつか対処の方法を知っていると、とても助かります。

e0122451_22364698.jpgまずはホメオパシー。これは同種療法というもので、症状を引き起こすものをほんの少しだけ摂取して抑えるという考え方の療法です。小さな小さな砂糖玉にほんの微量の成分がしみこませてあります。勉強を始めるととてもとても奥が深くて、学校は4年間を要します。欧米では専門の大学や病院があったり、イギリスのチャールズ皇太子も積極的に推奨していますし、ベッカム選手が使っているというのも有名な話です。以前の会社ではホメオパシー製品を扱っていたので、どういうものか簡単に説明したり、セルフケアレベル程度ですが、とても役に立っています。通常、毎年1月終わりか2月初めくらいから、予防として花粉症用に作られたブレンドを1日1個ずつ摂っていますが、これでかなり緩和されて助かっています。私はAinsworthsというイギリスの製品を使っています。予防には他にも先日もちょっと触れたハーブのネトル、そしてエキナセア。これも2-3ヶ月くらい前から飲んでいると、だいぶ楽です。

症状が出てしまったら、ユーカリやペパーミントなどの精油を吸入に使ったり、フェイシャルや胸のマッサージも有効です。頬の部分へのトリートメントは副鼻腔の流れをよくしてくれます。鼻筋の真ん中あたりにあるツボ、その名も鼻通というものを刺激するのも楽になります。マスクに上記の精油を1滴たらしておくのもいいと思います。ホメオパシーも症状に合ったものがあります。ちなみにホメオパシーを使っているときはペパーミントやユーカリは使わないほうがいいそうです。働きを相殺してしまうようです。

目がしょぼしょぼしてしまうときはアイブライトというハーブを飲んだり、温湿布に使ったりするのもよいです。
他にもいろいろあるかと思いますが、よかったら参考にしてくださいね。

せっかくのいい季節。なんとか乗り切って過ごしましょう^^。
[PR]
by mawu_y | 2009-02-27 21:28 | natural therapy
最近、わりとよく飲んでいるハーブはこのふたつ。
一緒に合わせて飲んでいます。
レッドクローバーは単品で飲むと、香ばしくてちょっとほうじ茶を思わせるような風味なので、ハーブティが苦手という方には受け入れやすい味かもしれません。
ネトルも渋みのない緑茶みたいでとても飲みやすいです。このふたつなら眠くなる要素もあまりないので、日中も安心して飲めます。

ネトルを飲みだしたのはずいぶん前ですが、生理中のときは貧血になることが多く、ひとりのトリートメントが終わるとふらついたりすることがあり、自分なりにとても悩んでいました。ネトルは血液をさらさらにし、鉄分も豊富ということを当時働いていた会社で教えてもらい、生理前から飲むようにしてみたところ、まずふらっとすることがなくなり、とても楽になりました。そのほかにも解毒を促したり、花粉症などアレルギーの症状を緩和させてくれたりします。

レッドクローバーは、まず味が好きで飲み始めました。
いまはエストロゲン作用があると言われているので、意識して飲んでいます。フェンネルもよいそうです。

というのも・・・。
[PR]
by mawu_y | 2008-12-20 21:03 | natural therapy

風邪の季節

e0122451_0205784.jpg

風邪、はやっていますね。
周りでも風邪を引いている人がたくさんいらっしゃいます。今は、アロマの仕事だけではなく企業でも仕事をしているのですが、私の"島"にも風邪引きさんがたくさん。けれどもうつらないのです(笑)。

アロマを始めてからほんと風邪知らずのカラダになりました。昔は、ちょっとしたことで喉を腫らし、しょっちゅう風邪ばかり。おまけにかなりの冷え性・・・。

子供のころに気管支の病気をしたので、喉だけはやはり弱く、やっぱり風邪引きそうと思うときは喉からです。そんなときの私の裏技は実はアールグレイの紅茶なんです。カフェイン入っているのに・・・とは思うのですが、ご存知のとおり、アールグレイにはベルガモットが香り付けで使われています。このベルガモットがどうも私の気管支にはよく合っているようなのです。

それから、お水をたっぷり飲むこと。これは欠かせません。1日1.5ℓは飲みます。これに加えジンジャーの入ったハーブティもよく飲みます。今はお気に入りのハーブティを飲んでいますが、このお話はまたの機会に。お風呂にもゆっくり入り、必ず汗をかきます。以前は半身浴をしても一粒も汗なんて出なかったのに3ヶ月くらい続けたら、汗をかけるようになりました。うがいはティートリーを使って。お部屋でもなるべくアロマを焚いて、空気を清浄。

果物や生野菜をたくさん食べていますが、不思議なことにカラダは冷えるということはありません。酵素が働いてくれているのだろうと思います。
そしてそして、よく眠るということ! 今日はちょっと夜更かしですが、大抵は22時頃にはもう眠くなり何もなければ12時前には寝てしまいます。おかげでほんと薬知らず風邪知らず。感謝です。
[PR]
by mawu_y | 2008-12-12 00:23 | self care

Lavender

e0122451_23243912.jpg

季節はずれの写真ですが、ラベンダー。

おそらく、アロマセラピーで一番最初に学ぶ精油。

バッグにいつも入れていると、「持っててよかった!」と役に立ってくれます。
先日も何かの拍子で指先の肉がつれて、爪に隙間(?)ができ、痛い思いをしていたのですが、ハッとラベンダーを持っていることを思い出し、そのまま塗布。するといつの間にか痛みすら忘れていました。なんで、もっとはやく気づかなかったのかしら・・・。それから、オーガニックコットンのタオルに1滴たらして、デスクの上においておけば平常心を保つのを助けてくれたりします。仕事でイラッとした瞬間、顔を覆って大きく香りを吸い込めば、「まっ、いいかっ!」と小さなことに拘った自分があほらしくなってきます。決して諦めや妥協とは違う、一段上に上がったような感覚。
他にもこんなこともありました。アウトドアランチをしたときにウェットティッシュを忘れてしまい、ふつうのティッシュをミネラルウォーターで浸し、そこにラベンダーを1滴。とても爽やかに手をきれいにすることができました。虫に刺されても、日焼けにも火傷にも・・・。肩こりや腰の痛みには温湿布にしてもよいし。
やっぱり一家に1本ラベンダーは必携か!

アロマに長く携わっているとあまりにあたりまえのことで、何をいまさらという感じですが、でもあたりまえのことに立ち返るということも大切。
改めてよさに気づき、ますます暮らしに欠かせない身近な大切なものになってゆくのですね。
[PR]
by mawu_y | 2008-11-29 23:15 | aromatherapy