ホリスティック・ライフスタイル・コーディネーター / IFA認定アロマセラピスト。カラダにいいこと、ココロにいいこと、地球にいいこと・・・。毎日を楽しく元気に過ごすためのちょっといいことをご提案。


by mawu_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

サマーデトックス

e0122451_16493139.jpg
夏休み、前半は山へ歩きに行ってたっぷり汗をかいたり、郊外の友人の家兼サロンで髪を切ってもらったり・・・。

そして、後半はサマーデトックスプログラムに参加してきました。
2ヶ月くらい体調がすぐれず、自律神経のバランスがおかしくて、いつもとてもよく眠れていたのが睡眠障害になったり、胃痛、むくみ・・・など明らかに不調。
これはストレスからくるものとわかっていたのですが、ココロとカラダって本当につながっているということを身をもって知りました。

なんとかしなくては、と思っていたら「日々の食べ物、からだの声」のaya-kkaさん主催でデトックスのプログラムを行うことを知り、ちょうど夏休みと重なっていたのとaya-kkaさんの食に対する考え方にとても興味を持っていたので申し込みをしました。





場所は九十九里。
ローフードを中心とした半断食と砂浴の2泊3日のプログラムです。
砂浴は初めての体験でした。
蒸し風呂のようなもので汗をたっぷりかくような感じを漠然とイメージしていたのですが、もっともっと奥が深くちょっとカルチャーショックでした。
1日砂に入っているだけで1週間くらいの解毒効果があり、また細胞レベルでの解毒が可能なのだそうです。そしてたっぷりのヨードでミネラルを吸収。海のまん前だから波の音がBGM。まさに自然の恩恵です。

■1日目
お昼に集合し、プログラムの説明を聞きます。
解毒を促す酵素ジュースを飲んでから、早速ビーチへ行き砂浴開始。

思っていたより砂の中はひんやりとして、天候のせいもあるかもしれませんがときどき寒いときもありました。それでも波の音がここちよくいつしか眠ってしまい3時間もあっという間。
途中、からだがチクッとしましたが、これは毒素が排出されている証拠なのだそう。腕や脚が赤くなり、砂の重みで痕になったのか思いましたが、これも解毒の証拠だそうです。


e0122451_1654175.jpg
夜はサラダプレート。
解毒効果をあげるため、胃腸に負担にならないローフード。
aya-kkaさんが心をこめて作ってくださいました。

就寝前はデトックスの講義と今回の私たちの基地を提供してくださった「あしたば」由美子さんによるストレッチ。

■2日目
朝6時起床。
ビーチウォーキング。こんな早く海を歩くなんてことはまずありません。波打ち際をずっと裸足で歩くのがとても気持ちよくて、さざ波の美しさに目を奪われ、海のエネルギーをたっぷりと吸い込みました。カメラを持ってこなかったのを激しく後悔。
その後、朝のストレッチをし、酵素ジュースを飲み午前中の砂浴に。
昨日の影響かまだ終わって10日しか経っていないのに生理になってしまいました。ほぼ正確な周期なので、少し困惑しましたがこれも毒素なのでしょうか。
午前中の砂浴も寝たり起きたり。この感覚は初めてではなく、後になってアロマトリートメントを受けているときの夢と現を行ったりきたりするうつらうつらとした感覚によく似ていると気づきました。

お昼は砂に入ったまま、グリーンエナジースープ。
午後はさすがに眠れず、本を読んだりしました。しかし、後半はもう体中がかゆくてかゆくてじっとしていられず。でもこれもデトックスと我慢。
そうそう、砂浴のおもしろいところは終わった後に、砂まみれになっているのですが、弱い部分には砂がついていないということ。1日目は肺部分がきれいについていませんでしたが、2日目は全身満遍なく砂に覆われていました。肺については、特に今は思い当たることはありませんが、子供のころに肺の病気をしたことがありました。リフレクソロジーなどでも好転反応で、昔の古傷が痛くなったり、過去のものが出てきたりするので、それと同じ反応だったのでしょうか。


e0122451_1655884.jpg
夜のサラダプレート。
デトックスをするとだんだん味覚が敏感になることはわかっていましたが、野菜の甘味がとてもよく感じられました。

この日は気功の先生が来て下さり、気功についてのお話、心の持ち方、自分でできる気功をたっぷりと教えていただきました。今回、参加者は7名でもちろん初対面。砂に入っているときはもちろんお話などはできないのですが、特に気功を体験したあたりから、皆さんがどうして今回参加されて、そして皆心身をよくしたいとそれぞれに思っていることがわかってきました。この気功体験は先生のユニークなキャラクターも手伝って、とても楽しいものでした。これっきりにせず、ちゃんと続けなくては。

■最終日
5時半起床。不思議と起きられるものですね。私はどうしても4時とかに目が覚めてしまうのはふだんと変わらず。でも砂浴で寝ればいいかと気楽に考えました。
朝、目覚めの気功を行い、酵素ジュース。
そして最後の砂浴です。この日は一番天気がよく、砂の状態もとてもよく、気持ちがよかったです。しかし、前日は脚がかゆかったのですが、今回は肩や背中がかゆい。もう、もぞもぞとしてしまいました。この日は腎臓部分に砂がつきませんでした。本当に腎臓の形どおりにつかないのです。不思議。過去の不調ものから現在のものに移ったのかしら。


e0122451_16554238.jpg
ランチプレート。日光もたくさん浴びたので、リコピンの多いものをとaya-kkaさんが作ってくださいました。
aya-kkaさんをはじめ、「あしたば」の由美子さん、ご主人、そして気功のまみ先生、皆さんいろいろな病がありそれを克服された方達で、説得力があり、また何よりも参加者の私たちがよくなるように心から叱咤激励をしてくださり、ほんとうにありがたかったです。

特に私は今回自分の食生活を大きく見直すきっかけができました。もっとフルーツよりグリーンを摂ること。このままだとちょっとフルーツ過剰気味だったのもここに参加しなければ気づきませんでした。そしてaya-kkaさんにもいろいろご指導いただきました。セルフケアは大切だけれど、専門家あってのセルフケアだとつくづく思いました。アロマも同じなんです。この精油がいいと思って、同じものばかり使っていてはその精油の特定成分だけが体内にたまってしまい、逆効果になることもあります。しかし、自分だけでやっていては気づかないこと。これは食事やアロマだけでなく、どんなことにも言えることなのでしょうね。

自分のこころとカラダと真正面に向き合うことができた3日間。もちろん、これで終わりではありません。毎日自分のカラダをきちんとみつめて声をきき、そして酷使していたら謝って大切に労わってあげる。あたりまえのことだけど、忘れてること。ちゃんと思い出させていただきました。

そして3日間を共にした皆さま。
なかなかローフードのことなど語り合える人はまだ少ないので、とても貴重な出会いでした。これからもよろしくお願いいたします!
[PR]
by mawu_y | 2009-08-22 23:44 | detox